スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリア様がみてる 感想 (イン ライブラリーまで)

実写映画化も決まった「マリア様がみてる」。小説の「イン ライブラリー」までの感想です。
この作品は一作一作で感想を書くのは大変で。それに最初のほうはうろ覚え。どうかご勘弁を。
アニメも見始めましたので、小説の区切りごとで感想を書いていきたいと思います。

・番外編の妙

もちろん祐巳を主人公とした一連の出来事も面白いです。しかし、この作品の魅力は、なによりもその番外編の良さにあるのだと思います。
作中、主要人物となるのは、三色の薔薇たちとそのつぼみ。しかしそれぞれの作品で出てきた他の登場人物についても、番外編となる短編の中で、主役として丁寧に描かれています。
外堀を埋める、というと少し言葉が悪いような気がしますが、このような番外編を経て、姉妹制度といった一風変わった作品の世界に少しずつだけれども確かに浸っていくのが分かります。
なんとなく番外編を読んでいると「花物語」を思い出します。聖さまの過去話などを読んでいると、あの作品の中にあってもおかしくないと思えるほどです。別れ話なんかをみてると特にそう感じますね。
最近読み終えた「バラエティ ギフト」、「イン ライブラリー」は、番外編としてとても良い出来だった印象があります。本編の中に番外編を織り交ぜるといった面白い手法、今後もいくつかこういう作品があるといいなと思います。

・姉妹制度
先に述べてしまいましたが、この作品を独特なものと仕立て上げているのは、姉妹制度に他なりません。
お嬢様学校、そのなかで姉が妹を導く。女学園ならともかくも、普通の学校に通っているならば、まずかけ離れた世界です。実際にこういう関係があるところってあるのか気になりますが、そこはおいておきましょう。
友情とも違う。憧れとも違う。それよりもっと上の特別な関係。それが姉妹制度なのでしょう。
この絶妙なさじ加減が、この作品をここまで人気のある作品に持ち上げたのだと思います。

・やっぱり蔦子さんが良い
この作品で私のお気に入りの人物は・・・・・・言わなくてもわかると思いますが、蔦子さんです。
写真部のエースで授業中以外常にカメラを持ち歩き、写真の掲載にはしっかりと、撮られた人の許可をもらうプロ意識を持ち合わせています。
最初はトラブルメイカーな面を見せながらも、彼女のおかげで祐巳と祥子さまがつながったわけです。
その後も本編でちょくちょく顔を出します。結構優しい面も見せ、よくできた人だと感心させられます。
主要人物では由乃さんの暴走っぷりが可愛くてよいです。次に好きなのは新入生の乃梨子ちゃん。志摩子さんとの関係が良いですね。お似合いといった感じ。


最後に、文中の姉妹をスールと読んだ人挙手。 ノ



スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

図書館で目に付いて、ここでマリア様の話をしてましたから、私も暇潰しに読み始めてました。
「子羊たちの休暇」まで読破です。

個人的な感想ですが、私は歴史モノ等、今まで作者が退いた位置から書く三人称で進む物語ばかり読んでて、登場人物の主観一人称で展開する物語は久し振りで新鮮でした。
確に以外と抵抗無く読めてます。清々しい話でしたから。

いばらの森に登場した文庫のような、外見からはどんな本か分からないカバーでしたら、恥ずかしがらずに借りられるのですが…。

正に読んでる最中ですから、スールと読んでました。危ない傾向かもです。

Re: タイトルなし

不楽是さん、こんにちは。

> いばらの森に登場した文庫のような、外見からはどんな本か分からないカバーでしたら、恥ずかしがらずに借りられるのですが…。

新しい実写版カバーは、さらも借りるのは抵抗がいりますね。
あまり読むのに時間はかかりませんから、図書館内で読んでも良いかもしれませんね。
私は購入して家にありますが・・・・・・けっこう大変です。

> 正に読んでる最中ですから、スールと読んでました。危ない傾向かもです。

いえいえ、それが正しい読み方なんですよ。と、少し洗脳してみる。

こんにちは

私もマリみて好きです。
出ているものは全巻読みました。
私はこの作品がきっかけで所謂「百合もの」の作品を読むようになったので、特別思い入れが強いです。

「姉妹」はもちろん、スールと読みましたよ^^

Re: こんにちは

舞子さん、はじめましてこんにちは。
コメントありがとうございます。

古参ファンからコメントいただけるとは、ありがたいです。
「マリア様がみてる」は前から気になっていたのですが、何分巻数が多くて手を出すのが遅れて・・・・・・今、せっせと集めております。

やっぱり、読んでいるとこの作品が百合ブームを引き起こしたのがよくわかります。
姉妹は、やっぱりスールと読みますよね。百合好きなら当然と、勝手に判断する。
図書館の住人

樹


好物:百合、ファンタジー
傾向:眼鏡キャラ、マイナーキャラ

好きなカプは、ひだまりスケッチは沙英夏目、なずのり、マリみては蔦笙、けいおんは唯和、ストパニは渚玉、などなど。

↓気が向いたら押してください

ブログランキング・にほんブログ村へ

最新記事
最新発言
目録
館内検索
公式
お世話になっているサイト
灰羽連盟の感想を探してみよう
灰羽連盟 Blu-ray BOX 発売記念企画

情報系
コミック発売一覧
作品データベース
読書メーター

ブログ
訪問者数
応援中
投票所壱
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。