スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリア様がみてる アニメ第6話「ロサ・カニーナ」感想

原作「ロサ・カニーナ」分、アニメ6話の感想です。

・あらすじ
一月の末に次期生徒会役員の選挙があり、選挙の結果によってはつぼみであっても山百合会幹部=薔薇さまになれないシステムを知って驚く祐巳。「ロサ・カニーナ」と呼ばれる生徒が生徒会役員に立候補する噂を聞いた祐巳と由乃は、一年生ながら立候補しなければならない志摩子を想い、情報を仕入れることに。祐巳は図書館の植物図鑑で「ロサ・カニーナ」という薔薇を調べようとするが、そこにその花について知る上級生が近づいてきて・・・。
公式ホームページあらすじより引用)

・感想
蟹名静さま登場。待ってました。
いやぁ、やっぱりこの話は一味違う。
演出なんかもかなり凝っていた印象です。音楽の合わせなんかもすばらしかったと思います。

白薔薇さまは、表面では冷たいような印象を受けますが、実は一番志摩子さんのことをわかっているんですよね。
白薔薇姉妹中心の話ですが、そのなかで祐巳と祥子さまとの関係も深くなっていく、この描き方が秀逸だと感じました。

・見所
やっぱり最後の場面です。
静さまと白薔薇さまの対面。選挙はこの場面を描くための序章で、すべてをこの場面につぎ込んだ、ということができるかと思います。
こういう回があるからこそ、「マリア様がみてる」は百合の人気を高めることができたのだと思います。白薔薇さまの話は全般的にそういう印象を受けます。

・6話の蔦子さん
山百合会選挙の結果を写真で撮ってました。それだけで発言はなし。残念。

・関連商品
マリア様がみてる―ロサ・カニーナ (コバルト文庫)
「マリア様がみてる」で検索


↓参考になったら押してください。
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

図書館の住人

樹


好物:百合、ファンタジー
傾向:眼鏡キャラ、マイナーキャラ

好きなカプは、ひだまりスケッチは沙英夏目、なずのり、マリみては蔦笙、けいおんは唯和、ストパニは渚玉、などなど。

↓気が向いたら押してください

ブログランキング・にほんブログ村へ

最新記事
最新発言
目録
館内検索
公式
お世話になっているサイト
灰羽連盟の感想を探してみよう
灰羽連盟 Blu-ray BOX 発売記念企画

情報系
コミック発売一覧
作品データベース
読書メーター

ブログ
訪問者数
応援中
投票所壱
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。