スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARIA 二次創作 ネオ・ヴェネツィアの水彩画 一・水の妖精

「ARIA」の登場人物、アイを主人公とした物語です。内容は過去の回想。
全四話の予定です。ちなみに漫画版をもとに描いてるので、アニメだけ見てこれって変だと思ったら、そういうことだと理解ください。
この四作は一日おきに更新予定。「ARIA」が好きな方もそうでない方も是非ご覧ください。

ちなみに「ネオ・ヴェネツィアの水彩画」とは、「ARIA」の音楽を担当したChoro Clubの、サントラの一曲です。アニメでいう「ARIA The NATURAL」のサントラに収録されています。

・あらすじ
今も家に飾ってある、一枚の水彩画。
そこに描かれていた舟を操る女性。
アイは興味を抱き母に尋ねる。
副題は「お父さんあわれ」

・次回予告(8月24日公開予定)
アクアに向かうアイ。船の中でみる宇宙。
なんで人には翼がないの?
空の向こうはどんな世界?
次回「羽 空の上 地球の兄弟」

(本編を読んでから開いてください。)

本編は続きを読むから。

~ネオ・ヴェネツィアの水彩画 一・水の妖精~

 わたしの家には、一枚の水彩画が飾られている。

 舟に乗った綺麗な女性が、優雅に波を駆る絵だった。
 ある日、わたしはその絵について、母に尋ねたことがある。

「ねえ、この女の人って誰?」
「水先案内人(ウンディーネ)よ。アイはアクアって知ってるわよね?」
「うん。お空の向こうにある地球の兄弟だって、前に先生に教えてもらったよ」
「そうよ。この女の人はね、アクアのネオ・ヴェネツィアという水の都で案内人をしているの」
「案内人?」
「この街はとても入り組んでてね、はじめて行った人じゃ迷子になってしまうの。だから、彼女達の船に乗せてもらって街をまわるのよ」

 母の話に、幼いわたしは大きな憧れを抱いた。
 わたしも、この水彩画のウンディーネのように舟を動かしたい。
 目を輝かして話を聞いていたわたしを見て、母は満足そうにうなずいた。

「興味でてきた?」
「うん。わたしもあの女の人みたいになりたい」
「それはアイがもう少し大きくなったら、きっとなれるわ」
「本当?」
「私の子供なんだもの。アイのことは私が一番理解してる。だから確信できるの。アイはウンディーネになれる」

 母の言葉はわたしに大きな勇気を与えてくれた。
 母がいたから、わたしはこの道を歩めたんだと思う。

「そうだ、アイ。今度アクアに行ってみない? ウンディーネにも会えるはずよ」
「あの女の人に会えるの?」
「ううん。同じ人に会えるかはわからないけど。」
「でもお金は大丈夫なの?」
「もちろんよ。お父さんのへそくりをこっそり使えば大丈夫。ばれてもアイのためならきっと納得してくれるはずよ」

 少しお父さんがかわいそうになった。けれどすぐに、アクアに行けるという喜びのほうが上回って、心の中はそれだけで埋め尽くされていった。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

図書館の住人

樹


好物:百合、ファンタジー
傾向:眼鏡キャラ、マイナーキャラ

好きなカプは、ひだまりスケッチは沙英夏目、なずのり、マリみては蔦笙、けいおんは唯和、ストパニは渚玉、などなど。

↓気が向いたら押してください

ブログランキング・にほんブログ村へ

最新記事
最新発言
目録
館内検索
公式
お世話になっているサイト
灰羽連盟の感想を探してみよう
灰羽連盟 Blu-ray BOX 発売記念企画

情報系
コミック発売一覧
作品データベース
読書メーター

ブログ
訪問者数
応援中
投票所壱
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。