スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灰羽連盟 第8話「鳥」

灰羽連盟第8話の感想です。

・感想
題名が「鳥」と、今までとは違います。
それだけ、この話は、この作品において大きに意味を持ち、かなり力を入れていたという印象を受けました。

前半、レキとラッカが風車の景色を見る場面。
「Refrain Of Memory」はやっぱり名曲。
「私が傍にいるよ。
 なにがあってもきっと、ラッカの傍にいるから」
というレキの言葉が、ラッカに対する愛情を感じさせます。
クラモリと別れたことから、レキは孤独というもののつらさを痛いほど味わったのだと思います。それをラッカに味わわせたくない。その思いの強さというものがよくわかります。

後半、自分の居場所がなくなってしまうと思い、風車にすがって「わたしなんていなくなっちゃえばいいんだ」と嘆くところ。彼女の心境を思うと、心の臓がしぼられるような気持ちになります。
鳥に導かれるようにして森へ行き、井戸に落ちてしまうラッカ。
この後の場面が、とても深く心の中に残ってます。

ドアを閉めるような音、そして水の流れる音と共に、小さな白い光だけが映されます。
暗転した後に。
「わたしなんていなくなっちゃえばいいんだ」
1話の夢の再現。
忘れてい大切な鳥のことを思い出す場面。とても印象的で、見入ったところです。

そのあとに、鳥を埋めながら優しく語りかけるとこ、ここは思わず涙しました。
儚げな声で語り、やがて雪が降る。この一連の描き方は、本当に見事で、背景の「Ailes Grises」のアレンジと相まって、心揺さぶる名場面といえるでしょう。
大切な誰かとしてしか、思い出すことができない。
でも、その存在があったから、ラッカは決して独りじゃないことに気づくのです。

・見返して思ったこと
やっぱりこの話にかける思いは、他の話と比べてかなり違う。
夢を思い出す場面。
鳥を埋める場面。
一話以来の「Ailes Grises」。この曲が流れるとどんな場面でも名場面になるような気がします。

・おまけ
なんかいろいろ語ってるいかしたおじいさん。
他にもいろんなアニメについて語ってます。




・関連情報
公式・参考
灰羽連盟公式ホームページ
灰羽連盟wiki
灰羽連盟の感想を探してみよう
AB's HOMEPAGE(原作者ホームページ)

Amazon
灰羽連盟 Blu-ray BOX 〈期間限定生産〉
灰羽連盟 〈期間限定生産〉 [DVD]
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「Refrain Of Memory」は名曲です。

この話だけ「鳥」一文字なんですよね。
意味深です。

この話はとても印象に残っています。
ラッカ見てるだけでつらかった。
でも鳥がいたんですよね。
鳥がいたからラッカは救われた。
何かに気づけたんでしょう。

でも物語はこっからですよね。

Re: 鳥

フライングジラフさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

> 「Refrain Of Memory」は名曲です。

私もそう思います。3話で流れていたアレンジもとてもすばらしかったです。
私としては、このアニメのイメージ曲のように感じられます。

> この話だけ「鳥」一文字なんですよね。
> 意味深です。

他の題名とはすこし違いますよね。それが、この第8話を印象深くさせた大きな要素だと思います。

> この話はとても印象に残っています。
> ラッカ見てるだけでつらかった。
> でも鳥がいたんですよね。
> 鳥がいたからラッカは救われた。
> 何かに気づけたんでしょう。

本当に、このアニメでは鳥が大きな意味を持っているのが良くわかります。今までもそれとなく示されていましたが、それはこの回を描くための布石だったんだと思います。鳥と灰羽って、かなり似てるような気がします。

> でも物語はこっからですよね。

そうですね。この回までで、もう存分に堪能したのに、まだすばらしい話が残されているとは、贅沢な作品だと思います。
図書館の住人

樹


好物:百合、ファンタジー
傾向:眼鏡キャラ、マイナーキャラ

好きなカプは、ひだまりスケッチは沙英夏目、なずのり、マリみては蔦笙、けいおんは唯和、ストパニは渚玉、などなど。

↓気が向いたら押してください

ブログランキング・にほんブログ村へ

最新記事
最新発言
目録
館内検索
公式
お世話になっているサイト
灰羽連盟の感想を探してみよう
灰羽連盟 Blu-ray BOX 発売記念企画

情報系
コミック発売一覧
作品データベース
読書メーター

ブログ
訪問者数
応援中
投票所壱
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。