スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灰羽連盟 第13話「レキの世界・祈り・終章」

灰羽連盟第13話の感想です。最終回となります。

・感想
やっぱり泣いてしまった。本当にすばらしい物語。

今まで、隠してきたこと。
ラッカでなくても良かった。優しくしていれば罪から逃れられると思った。
しかし、助けを呼ぶことのできないままそのときを向かえてしまう。ラッカを拒んでしまう。

こどものレキが石となり崩れ、抱きかかえるレキ。絶望に打ちひしがれる彼女を見ると、胸が痛くなります。
助けを呼ばなかったから救いがこなかった。ここではじめて、レキは己の過ちに気づくわけです。
10話でも流れていたサントラ未収録の曲も相まって、涙が出そうなほどに切なくて苦しい。ラッカのことを考えるとその思いもひとしおです。

でも、ラッカが見つけたレキのクロッキー帳には、彼女の心からの思いが書き綴られていた。
ラッカを拒んだ、でもそれは本心ではなかった。
助けを呼びたかった。でも呼んでもそれを聞き届けてくれなければ? その思いがレキを内にこもらせてしまった要因なのでしょう。
「Ailes Grises」にのせて描かれるこの場面。ラッカがマユの中で語りかけるレキを思い出すところ。涙腺崩壊です。
レキの優しさ。それは、ラッカやクウに対する妬みとは比べ物にならないほど大きく、そして愛おしいものなのだと思います。
ラッカはレキを救う鳥になると決めます。

クロッキー帳を見つけるところから、レキが救われるところまで、絶えず胸を揺さぶられるような思いで見続けました。

このアニメは、終盤は徹底してラッカとレキの関係を描いています。
二人の深い絆。今までは、それはレキがすべてを明かさないことに由来する、偽りの絆であったのかもしれません。
しかし、レキがラッカに助けを求めたことにより、本当の意味で、絆という糸はつながったのだと思います。
巣立つことにより、きっと彼女らは再会することでしょう。壁の向こうはどんな世界かはわからない。でもラッカとレキを見てると、そう確信できるんです。

礫という言葉の意味も良かった。
礫は踏み石。皆の導き手。うん、レキにぴったりだ。
きっと灰羽は、これからは巣立ちを心から祝福することができるようになるでしょう。

最後に双子の繭の芽がでるという終わり方。
ああ、いつか二期をつくってほしいなぁ。漫画というかたちでもいいから。
一連の話の中で描かれたのは、ラッカとレキの二人が中心だったから、他の灰羽たちの話が見たいというのが本音。

最後、エンディングのあとに、ハネノネに収録されている「Love Will Light The Way」とともに流されるレキの絵に感動。
サービス精神旺盛です。

・見返して思ったこと
やっぱりすばらしい最終回だった。
この回があったからこそ、灰羽連盟という作品がここまで高い評価を得たのだと思う。
様々な感動を与えてくれた灰羽連盟。製作者の皆様に心からありがとう、といいたい。

・おまけ
灰羽連盟スペシャルエンディング「Love Will Light The Way」です。




・関連情報
公式・参考
灰羽連盟公式ホームページ
灰羽連盟wiki
灰羽連盟の感想を探してみよう
AB's HOMEPAGE(原作者ホームページ)

Amazon
灰羽連盟 Blu-ray BOX 〈期間限定生産〉
灰羽連盟 〈期間限定生産〉 [DVD]
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

図書館の住人

樹


好物:百合、ファンタジー
傾向:眼鏡キャラ、マイナーキャラ

好きなカプは、ひだまりスケッチは沙英夏目、なずのり、マリみては蔦笙、けいおんは唯和、ストパニは渚玉、などなど。

↓気が向いたら押してください

ブログランキング・にほんブログ村へ

最新記事
最新発言
目録
館内検索
公式
お世話になっているサイト
灰羽連盟の感想を探してみよう
灰羽連盟 Blu-ray BOX 発売記念企画

情報系
コミック発売一覧
作品データベース
読書メーター

ブログ
訪問者数
応援中
投票所壱
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。