スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARIA The ANIMATION 1~3話分 感想

原作が大好きで、アニメのほうは今まで見ていなかったので、視聴。
最近たまゆらが好きで、同じ佐藤順一監督ということで見てみることにしました。

第1話「その 素敵な奇跡を・・・」
やっぱり音楽とかネオ・ヴェネツィアという舞台とか、のんびりした雰囲気とかがたまらない。
ちょっとアリア社長の声がうるさかったような・・・・・・

第1話はゴンドラにしのび込んでいたアイとアクアの街をまわるという話。
アイちゃんのちょっとやる気の無い感じや、ずぶとい性格が見てて楽しかったです。

ストーリーなんてのはあってないようなもので、雰囲気を味わうアニメです。これは原作もそうでしたが。
音楽を聴いてるだけ、街並みを眺めているだけでも楽しいと思えるのが一つの魅力。


第2話「その 特別な日に・・・」
アクア・アルタという街が沈んでしまう現象。現実じゃ大変なことなんですけど、この作品ではそれも楽しく、美しく描いてしまうんですよね。こういう世界観が魅力的。

原作をこういう風に使うのか、うまいなぁと思いました。
晃と喧嘩別れして藍華は愛するアリシアさんのもとへ。(間違ってませんよね)

禁止禁止言う晃と藍華はそっくり、仲睦まじくよき先輩後輩です。

このアニメを見ていると、時間がゆっくり流れていくような不思議な感覚を覚えます。
アクア・アルタ、藍華ちゃんのもとへ訪ね喧嘩別れ。アリシアさんとの思い出。灯里と藍華のレース、数十分のなかにこれだけつめこまれていたんですよね。
素敵な時間をありがとうといいたい。


第3話「その 透明な少女と・・・」
やばい、ARIA大好き。
ほんと原作をうまく使ってるなという印象。アリスとの出会いと、暁さんの水先案内の話をつないで、ここまで良い話にするとは、いやはや感服。
溜息橋の話がなかったけど、いつかやるのかな?

とにかく心が温かくなる、胸が熱くなる。
浮島からネオ・ヴェネツィアを見下ろす場面とか、すばらしい演出。
藍華ちゃんお得意の「恥ずかしい台詞禁止」も、うまく使ってましたね。

人見知りでうまく人とつきあえないアリスが、灯里と出会うことによって次第に心を開いていくさまには、本当に胸の奥がほっこりするような感慨を覚えました。


・おまけ
ARIAのオープニングは他の作品とはすこし違います。
オープニング自体が話の一部。だからすこし長く感じるのかもしれませんね。でもそれがいいんだ。




・関連情報
ARIA The ANIMATION公式ホームページ
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

図書館の住人

樹


好物:百合、ファンタジー
傾向:眼鏡キャラ、マイナーキャラ

好きなカプは、ひだまりスケッチは沙英夏目、なずのり、マリみては蔦笙、けいおんは唯和、ストパニは渚玉、などなど。

↓気が向いたら押してください

ブログランキング・にほんブログ村へ

最新記事
最新発言
目録
館内検索
公式
お世話になっているサイト
灰羽連盟の感想を探してみよう
灰羽連盟 Blu-ray BOX 発売記念企画

情報系
コミック発売一覧
作品データベース
読書メーター

ブログ
訪問者数
応援中
投票所壱
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。