スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灰羽連盟PV、廉価版DVD

こちらで灰羽連盟ブルーレイのPVが公開されています。
私も見てみましたが、最終回の映像使いまくりでびっくり。新鮮な気持ちで見たい人は見ない方がいいのかもしれません。

以前からlainという作品のブルーレイ化のブログにて、灰羽連盟の情報も載せられているので参考にしているのですが、最新の記事で色々と明らかになったことが・・・・・・
作品の画質の方は、話数によってばらつきがあるそうですが、よほど画質にこだわる人でなければ気にすることはないでしょう。
もう一つは、灰羽連盟のDVD廉価版が出されるということです。「灰羽連盟という作品は気になるけど、お金がない」といった方はこちらを買ってもよろしいのかと思います。

ではなぜそんな商品を出すことに決めたかといえば
迷いに迷った挙げ句、そのマスターのダメな点を差し引いても
作品として世に出す価値があ ると自分で決めた。

と上に述べたブログにて語られています。
私も全く同感で、とにかく多くの人にこの作品を知って欲しい、見て欲しい。どんな形でも構いません。この作品と出会ってよかったと感じて欲しいのです。

あと、灰羽連盟という作品をまだ見たことがない方に申し上げたいのですが、もしこれから見てみようかと考えているのならば、どうか全話をみるまで考察サイトをのぞかないでほしいと思うのです。
これは私一個人としての考えなのですが、この作品に関しては、作品の隠された部分を知ろうと思うのは野暮ではないかと思います。

例えばグリの街の設定とか、灰羽たちの見た夢の意味、壁の向こうの世界はどうなっているのか、などですか。
これらの設定は作中では一切明らかにされません。つまり一人一人がこう思うと感じたこと、それこそが答えなのだと考えるのです。

私としては、あえて作中では答えを示さなかったという製作者の意図、それを重んじたい。
推測でしかないのですが、それは、この灰羽連盟という独特な世界観、それが内包する優しい雰囲気を壊さないようにするが故のことなのだと思います。

というわけで、私はこの作品の設定をありのままに受け止め、深くは考察しないという立場を取っています。
もちろん、皆様が考察サイトを見ようが、自ら考察しようがとやかく言う筋合いはありません。
誰もがそれぞれの楽しみ方があるのでしょうから。
この記事を読み、どのように感じるかは皆様しだいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

図書館の住人

樹


好物:百合、ファンタジー
傾向:眼鏡キャラ、マイナーキャラ

好きなカプは、ひだまりスケッチは沙英夏目、なずのり、マリみては蔦笙、けいおんは唯和、ストパニは渚玉、などなど。

↓気が向いたら押してください

ブログランキング・にほんブログ村へ

最新記事
最新発言
目録
館内検索
公式
お世話になっているサイト
灰羽連盟の感想を探してみよう
灰羽連盟 Blu-ray BOX 発売記念企画

情報系
コミック発売一覧
作品データベース
読書メーター

ブログ
訪問者数
応援中
投票所壱
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。